<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用

レーシックの手術を受けた患者さんが他の人を紹介し、その人がレーシックを受けた場合におきましては、謝礼金が貰える制度が中にはあります。
ギフト券などを受け取ることが出来る利点だけではなく、紹介された人も割安価格でレーシック手術を受けることが出来るのが一般的です。 ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。
レーシックにおける紹介制度というのは、友人や知人がレーシックを検討している時に有効的に使いましょう。
謝礼金の制度は双方が得をするシステムとなっているので積極的に利用しましょう。

 

最近におきましては安全性への配慮から、どのクリニックも割引制度をしていないことがあります。
しかし今現在でも実施しているクリニックは存在しているので比較サイトを参考にして探してみてください。



<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用ブログ:21/4/20

今年も雪の季節がやってきた。
ミーはこの季節になると、いつも思い出すことがある。
もう40年以上も昔のことである。

その頃、
我が家は決して裕福ではなかった。
秋の稲刈りが終わると、
親父はいつも都会へ出稼ぎに行っていた。

雪が降りだすと
お子様たちはみんな雪の中で遊んだ。

裕福な家のお子様は買ってもらった本物のスキーで遊んだ。
ミーたちは自分で竹を割ってスキーを作り、手製のスキーで遊んでいた。
それでも、
お子様心に本物のスキーで遊ぶお子様たちが羨ましかった。

ある時、一度だけお母さんに
「本物のスキーを買って欲しい」
と言ったことがある。

言っても無駄だとは分かっていた。
が、お母さんは意外に
「成績がクラスで5番以内になったら、買ってやってもいいよ」
と答えた。

当時のミーの成績は、クラス40人中でいつも20番前後…
5番はおろか10番以内に入ることも絶対不可能だと思った。
恐らくお母さんも同じように思っていたのだろう。

ところが、2学期の通知表を見ると、
ミーの成績はなんとクラスで「2番」になっていたのである。

ミーは、家に帰り通知表をお母さんに見せると、
「3学期も頑張りや」と言っただけで、あとは何も言わなかった。
ミーもスキーのことは何も聞かなかった。

あれから、もう40年あまりが経った。
あの時、お母さんは本当にスキーのことは忘れていたのだろうか。
一度確かめてみたい気がする。

だが、
4年前にお母さんは88歳で逝ってしまった。
いつの日にか、
またあの世でお母さんに会った時には
聞いてみようと思う。