<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある

レーシックを行う患者さんの負担を少しでも緩和するためのサービスというのが最近では非常に充実しています。
数あるクリニックの中には遠方から訪問される患者さんに対して交通費を補填してくれるクリニックもあるのです。 視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。
全国にレーシックのクリニックを展開している有名な眼科医院の多くが交通費の補助制度を採用しています。
補助金が支給されることとなる条件や金額はほぼ一定となっているので、上手に利用していきましょう。

 

レーシックの交通費支給というのは、クリニックの県以外のところから通院される方が対象となります。
いくら遠方だったとしましてもクリニックがある県の場合におきましては、支給の対象外となることもあるのでご注意ください。



<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもあるブログ:21/9/06

5歳になるムスコはほぼ毎夜、
手縫いの甚平に袖を通す…
着古した甚平はムスコのお気に入りの一つだ。

2年前にわしが作ったその甚平はもう裾口が擦り切れ、
濃紺だった「井」の字の文様はすっかり色褪せている。

素人の作品なので、
背中の正中線のつなぎ目の模様がかみ合っていない上に
縫い目の間隔もたどたどしいが…

今もわしの横で、
古びた着心地の良さに包まれて遊ぶムスコは、
昭和の香り漂う「バカボン」のようであり微笑ましい。

しかしこの質素な服には、
わしと旦那の特別な想いが染み込んでいる。

当時、3歳前のムスコの小さな身体に、
点滴や輸血など様々な処置が施されることになり、
わしと旦那は呆然とそのことを受け入れた。

受け入れることのほかに、
父母であるわしたちに
出来ることがあまりにも無かったからだ。

血液型が違うので
血を分けてあげられる訳でもなく、
辛い服薬と同じ苦しみを共に味わえるでもなく、
医療処置を自ら行ってあげられる訳でもない…

父母なのに何もしてあげられない…

病院での1日1日は異様に長く感じられる。
不慣れな付き添いの取り敢えずの時間潰しに型紙と布を買い、
裁縫箱を病室に持ち込んで甚平を縫うことにした。

病院が貸し出す寝間着を着せると、
病院や病気にムスコを取られてしまうような気がして、
午後も24時も出来るだけ家の衣類を着せてはいたが、
それだけではなにか足りないという気がしていたのかも知れない。

得体の知れない衝動で、
眠れない24時には病室での作業に黙々と没頭した。

そうして、
わしの荒れた手のひらに
縫い針の刺し傷が目立つようになった頃に、
ようやくそれは完成した。

仕上がっていく様子を
毎日見ていたムスコはたいそう喜んでくれた。